完全個別指導・少人数クラス授業  生徒一人ひとりに徹底して向き合う予備校!

〒460-0008 名古屋市中区栄2-8-11 永楽ビル3F/4F (伏見駅徒歩5分)

お気軽にお問合せください

052-222-3886

合格体験記

こちらでは、見事合格を勝ちとった生徒たちの合格体験記をご紹介します。

読んでいただくことで、当予備校の特長がより具体的にわかると思います。

ぜひご参考になさってください。

長崎大医学部合格 櫻井麻衣さん(金城学院高校卒)

昨年の今頃私は浪人することが決まり,高木先生に「このまま勉強を続けても受からない」と正直に言われました。

高3のとき Veritas で教えてもらって私は何を学んだのか, 
何ができるようになっているのか,いやまだ教わり足りないと感じてたのも事実でした。だから高木先生に言われたとき,私は変わろうと決心しました。

具体的にはまだ何をどう変えたらいいのかわからなかったときに受けた模試でついこの間やった問題とそっくりな問題が出たのに解けないという失敗をしました。できないってどういうこと?と自分を責めました。

このことから復習の大切さを知り,次に必ずできるようにしました。勉強していて行き止まりになったり,何か進んでないと感じるとき私の場 合は復習が足りませんでした。一つ一つ出来るようにならないと進めないのです。

高木先生にはたくさんお説教されたり指摘されました。
例えば,人の話をきけ,恥を捨てろ,もっと叱られろ,甘えるな,壁にぶつかることを恐れるなとかです。

一番心に残っている言葉は,私が自分の殼に閉じこもっているというものです。始めは意味がよくわからなかったけどその後的を得た言葉だと気付きました。私が変なところで我慢してたり,頑固だったりして殻に閉じこもって相手に踏み入れさせなかったから,他人の文章が読めなかったり,参考書などの解答が入ってこなかったりしてたのです。

一見私の性格上の問題に思えてその実,勉強にもつながってました。Veritas で私は勉強を教わるだけじゃなくてもっと生きる上で大切な(言いすぎかも……)ことを学べたと思います。

だから生徒の皆さんが高木先生や講師の方に何か言われたとき,自分でもよく考えて素直に受け入れてみればいいと思います。きっと何かつかめると思います。

ファイト!!

最後になりましたが高木先生,滝野瀨先生,講師の方々お世話になりました。 

京都大法学部合格 安島崇展くん(東海高校卒)

僕が受験というものにはじめて向き合ったのは高2の冬であり、初めて真剣に向き合うようになったのは高3になってからでした。

別に高2の冬まで勉強していなかったというわけではなく、後に得意(と思い込んでいた)科目の英語の基礎的な部分は高1や高2の時期に出来上がったと思っています。

しかし、不得意科目であった数学に特に顕著でしたが、嫌な物から逃げ、あるいは自分の世界に合うように作り変えてしまう癖がついていました。部活を引退し、突然受験が僕の前に姿をあらわしたとき、僕はまだ先のこととたかをくくり、生ぬるく受験と向き合いはじめました。

何とかなると思いながら、とりあえず言われたことをこなし(時にやり残しながら)時間は過ぎて行きました。(結局これらの癖は完全に治ることは無かったような気がします。ただ、抑える努力は相当していたと思います。)

高三になって、正確には少し前の三月三十一日。個別指導のときに自分の現状と、自分のなんとなく目指していた目標の厳しさを知らされました。本当はもっと前から言われていたようですが、頭には入っていませんでした。

自分に足りないものを自覚すること、それを見据えて目標を設定し、計画を立てること。 
それが本当に大切だと思います。

自分の位置と行き先がわかってはじめて、本当に自分が前進しているのか、方向を間違えて遠回りしたり、最悪後退したりしていはしないかが分かります。目標に近づいた喜びも、後退してしまった悔しさも、自分の位置が分かっていないと味わうことはできません。
 
さもないと無感動のままだらだらと時間は過ぎて行きます。ゲームのように受験を楽しむ気持ちを少し持つといいかもしれません。

言わば僕に合格までの地図を渡してくれた高木先生、滝野瀨先生、その他の講師の皆さんに深く感謝しています。本当にありがとうございました。

早稲田大商学部合格 S・Kくん(東海高校卒)

僕がVeritasに入るきっかけとなったのは、母の「高校に入ったら単位がとれなくなって留年するよ」という強い脅し文句からでした。

このころの僕は特に勉強に対して不真面目でどうやって勉強から逃げようかについてばかり考えていました。

英語と数学は手がつけられないくらいひどく、分からないところが分からない状態でした。数学は受験では使わなかったのですが、多分、二次関数で止まっていて、英語は1月2月などの単語も書けなかったと思います。

この状態から抜けだすために中学英語を徹底的に総復習、と言うよりも知らないこと(やったはずなのに記憶がないだけだけど…)がほとんどで辛かったです。

アメリカン・フットボール部で3年の春まで部活をやっていたので休みの日の火曜日・木曜日を塾にあてましたが、正直ハードな部活だったので塾で出された宿題以外のことは何一つ出来なかったです。

でもこのコツコツと基本的なことを反復していくという勉強のおかげで部活を引退した6月からの勉強の土台が作れました。7月には今までやってきた数学を捨てて日本史に切り替えました。

塾の方針とは違う選択をしましたが、嫌いな数学というイメージがまだ強かったのでそれならまだ日本史という考えがあったのかもしれませんね。

夏休みを越えたあたりで英語の長文を読むのに2倍くらいの時間をかけてたので、どうにかしないと受験で話にならないとなり英語に一日の半分の時間を費やしました。そのおかげで英語の苦手イメージはほとんど無くなり「読める英文なら好き」の状態にまでなれました。

受験直前には国語がスランプになって6割のあたりをさまよいましたが、本番ではベストを尽くせたので良かったです。

Veritasは、定期テストでは350人中300位以上をとったことが一度もなかった僕を、受験で勝負の土俵に上がれるほどにしてくれました。

この塾に入らなかったら今頃全部落ちて浪人して惨めな思いをしていたと思います。

最後にはなりましたが、高木先生、滝野瀨先生、中根先生、石川哲先生、その他の講師の皆さん、ご指導本当にありがとうございました。

京都大工学部合格 Hくん(名古屋高校卒)

このたび、ようやく京都大学工学部に合格することができました。

私の京大への道のりは 長く、また時につらいものした。しかし、今となっては、それはつらいものではなく、決して良いこととは言えませんが、それなりの経験ができたと思えるのでそのことを記していこうと思います。

まず、簡単に述べると、私は、2浪して京都大学に合格することができました。

それでは少し詳しく合格までの道のりを書いていきます。

私は、現役生の時も明らかに実力不足とわかっていながらも、京大を受験しました。

結果は、当然不合格でしたが、その時は、あまり悔しい思いなどせず(多少は悔しかった)、浪人をすることにしました。

あとあと考えてみると、このとき浪人をするという気持は、自分で言うのも何ですが、かなり強かったのですが、悔しい思いをそれほどしなかった(受験に本当に命をかけるくらいの気持ちでいれば、当然悔しい思いはするのですが・・・)ことが良くなかったと思います。


1浪のとき、自分なりに精一杯、勉強に臨み、模試でも一応B判定が出るくらいまで実力がつきました。そして、そこで油断することもなく、センター試験も今までで一番良い点数を出せ、あとは二次試験でいつも通り実力を出せば、合格できるという状態になりました。

しかし、二次試験が始まり、1日目の1科目の今まであまり点数のとれなかった、国 
語は自分としてはでき、安心したのも束の間、2科目目の数学で問題が発生しました。

確かに、数学はそれほど得意ではなかったのですが、試験本番ということもあってか、どの問題も難しく見えてしまい(実際、難化したとはいえ、6問中2問は確実に完答できるような問題であった)、パニックになり、全然手がつきませんでした。

そして、2日目、数学の不出来を何とか挽回しようと臨みました。そして、英語は自分としてはとてもできたという感覚があったので、最後の科目の理科に望みをつなげました。

理科の試験が始まり、いつも通りの順番で問題を解いていくと、なぜか普段ならば、すぐに答えられるような問題でつまづき、時間は十分あるにもかかわらず、またパニックになり全然実力を出し切れませんでした。

そして帰り道、現役生の時とは比べものにならないくらい悔しくて(なぜなら、1年間友達に会うこともなく、ほとんど人とも話さずに、受験勉強にのみ打ち込んでいたにもかかわらず、全然実力を出せなかったから)泣きながら(笑)歩いて帰りました。

このとき、何事にも動じない確固とした精神力の大切さをとても感じました。そし 
て、非常にありがたいことに、両親が後期試験で合格した某N大学に通いながらなら、もう一度だけ挑戦することを許してくれました。

そして、大学に通いながらの2浪(仮面浪人)のとき、もう合格するだけの実力は十分あるとわかっていたので、その力が落ちないようにしていくことになりました。

大学に通いながらと言っても、めんどくさいので、最低限の出席と単位だけとれるくらいしか手をかけず、情が移るといけないので、友達など作らず、誰かに話しかけることすらしないで、あとは大学の図書館で勉強という、本当にに大学など相手にしていない生活を送っていました。

受験勉強も長くなり、自分でも良くないとわかっていながらも、だんだんこなすだけの勉強になっていきました。センター試験が、近付いてくると、さすがにこれではまずいと思い、気持ちを切り替えました。

しかし、あまり良くないことなのですが、センター試の点数配分的にセンター試験は全く気にしていなかったので、社会の勉強しかしませんでした。その代わり、二次試験の勉強に力を入れました。その結果、センター試験は今までで一番悪い結果になりました(センターリサーチでも一番悪い判定)(笑)。

それで、両親にはもう無理なのではないかと言われたりすることもありましたが、1浪時に学んだ動じない気持ちがあったので本当に全く気にしませんでした。

センター試験が終わってから少ししたころ、高木先生からこなす勉強になってないかとすこし強く言われ、さらに気持ちが固まり、残りの期間今まで以上に集中して臨みました。

ついに、二次試験の日になり、去年のようにどんな問題がきてもパニックなどならないよう自分に言い聞かせました。

1日目、またも国語はできたつもりになりました。そして数学、去年と比べると非常にやさしい典型問題ばかりだなあと感じながら、あまりパニックになることもなく終えました。

しかし、試験終了直後、どの問題も少しずつミスしていることに気づき、少し焦りま 
した。けれども、去年の経験と今までやってきたことを考えると、絶対挽回できると確信していました。

そして、2日目、英語の出来もよく、残すは理科となりました。試験開始少し前に気持ちを固め、試験が始まると、化学に難しい問題があることがわかりましたが、それは今まで見た問題の中で非常に難しい問題の類であったので、周りもできないだろうときっぱり解かないと決め、他でとると決め、見事それがうまくいきました。

帰り道、ところどころミスしてしまったけれども、できることはやったという気持ちであったので、去年のように泣くこともなく、おそらく受かったであろうと良い気分で帰りました。

結果はもちろん合格。
 

以上が私の京大合格までの道のりです。まわりからは、「よく大学行きながらやったなあ」とか言われたりしますが、自分としては、どうしても京大にいきたいという思いがあったので、確かにつらい時もありましたが、全然すごいことでもないような気がします。

私の経験から言えば確かに学力も必要ですが、自分が受験勉強に対して、「どうしてもどこそこの大学に行きたい」とかいうような真剣な気持ちを持って臨むことが、それ以上に受験をする上で根底になければならないと思います。

最後に、浪人でありながらも受け入れてくれた、高木先生、滝野瀨先生、そして登先生、またその他の講師の皆さんに深く感謝しています。

名古屋大経済学部合格 AYくん(滝高校卒)

私が、本格的に受験勉強を始めたのは、5月の河合塾の全統マーク・記述模試の後だった。

それまでは、何となく大学生になれると思っていた。正直、どこの大学でもよかった。だが返却された残念な成績を見て反省した。

今までの自分の人生、一度も嫌なことに取り組もうとしなかった。

嫌なものは避ける。本当にそうだった。私にとって受験とは、この性格との闘いだった。

とりあえず、8月のマーク模試まで本気でやろうと心に決めた。英単語を覚えようとした。数学は計算問題からはじめた。国語にいたっては日本語能力検定だった。毎日が嫌だった。

英単語は次の日にはほとんど忘れた。数学は計算しかしない。国語は、あたりまえの 
ことばかり書いてある。嫌で嫌で仕方がなかった。本当に嫌だった。でも、8月まではと自分で決めていたので、それまでは頑張ろうと思った。

8月のマーク模試は、私にとってはある意味で一次試験だった。目標の点数を1点だけ上回った。本当に嬉しかった。このとき、本気で名古屋大学へ行こうと思った。

赤本を親に買ってもらい見てみると、到底解けそうに無い問題が並んでいた。正直、とても焦った。

だが、勉強が楽しく思えた。小学校の算数から嫌いだった数学は、どんな問題でもまったくわからないということはなくなった。英単語も、100個覚えて99個忘れてもいいと思った。一つ覚えていればそれでいいと思えた。

心に余裕ができた。まだ時間はあると思えるようになれた。

私の成績は、ひいき目に見ても五分五分。普通に見ればおそらく無理だった。私は、五分五分なら合格できると思うようにした。

そんな気持ちでセンター試験を受けた。結果は自己ベストだった。目標点を大きく越えていた。

だが高木先生は、「そうか。」としか言わなかった。

このとき私は、センターは通過点だ、と教えられた気がした。何度もやめようと思った塾だったが、このとき本当にいい塾だと思った。おかげで、すぐに前期の勉強に入ることができた。

9月からは、ポジティブな考え方をしてきた。試験中でも同じだった。楽観的な考えは必ずしもよいとは言えないが、受験では非常によかった。

受験は自分の努力も大切だが、必ずどのような形でも支えてくれる人がいます。だから私は受験を支えてくれた親や塾、学校の先生方に「ありがとう。」と言いたいです。

長々と1年間を書かせてもらいました。嫌なこととはじめて向き合った1年でした。少しは性格が変わっていてくれるとうれしいです。

これからの人生でも嫌なことと向きあうことができるといいなぁと思っています。偉そうに合格体験記を書いていますが、いたって普通の人間です。

塾では、人と話すことがなかったので、私のことを正直知らない人のほうが多いと思います。

最後になりますが、3浪しても無理と言われた大学に現役で合格させて下さった高木先生、滝野瀨先生、意味のわからない言葉の羅列だった現代文の答案を添削し、合格できる答案にして下さった中根先生、嫌いだった数学を得意科目にして下さった小林先生、理解するとはどういうことかを教えて下さった石川先生、正直さっぱりだった古典を教えて下さった早津先生。本当にありがとうございました。

いい先生方に巡り合えた私の受験でした。今まで、ありがとうございました。

生徒の母親へ宛てた手紙
筑波大医学部合格 Kさん(菊里高校卒)

K様へ

合格おめでとうございました。

そしてある意味で「ありがとうございました」。今年の受験生を振り返ったとき、どうしても締めくくれないものがありました。

もっと何かできたのではないか、もっと何かやるべき事があったのではないか、そんな思いがグルグルと回っておりました。やっと肩の荷を下ろすことができました。

精神的にもいっぱいいっぱいの受験だったと思います。

我慢強い子です。時々、爆発しますが、それでも辛いこと、苦しいことにじっと耐え続ける生徒でした。そのため私が見誤った時期もあったような気がしました。現役生にまじって黙々と歯を食いしばってやるべきことをやろうとしていました。

受験生となって2年。いま教室にきてからの記録のファイルを見ていましたが、私たちとの出会いは1年生の8月17日(2007年)でした。

初回面談があってその翌日にはすぐに滝野瀨の英語の個別授業がありました。それから約3年半。長かったですね。あまり良い想い出はなかったかもしれません。現役の時は合格がなく、模試の結果もなかなか出ませんでした。

浪人してからのセンター試験も今ひとつの結果にとどまり、慶應がダメで筑波・医がダメで、ほぼ大丈夫だろうと思っていた後期の愛媛大・医もダメでした。

「理科大の薬学部にいきます」という彼女のメールを見て返す言葉がありませんでした。

理科大の薬学部は悪くはありませんが、彼女が望んでいたことからすれば、そしてそこに投入されてきた苦しみや努力からすれば、あまりにもささやかなものにしかみえませんでした。

「お母さん、お父さんに申し訳ない」とボロボロと泣いた日から、1年間、不安と孤独とたたかってきたと思います。泣き言も言わず、愚痴もこぼさず。その彼女が東京理科大の薬学に行くというのはあまりにも切ないものがありました。

でも、それもこれも、今日の(いや日曜日のでしょうか)ドラマのためのものだったのでしょうか?もしそうだとすれば、ちょっと意地悪なドラマだなとも思います。もっとすんなり合格を出してやってくれよ、と思います。それに値することはやってきただろう?と思いますから。

今日、ちょっとだけ涙を流しましたが、あれはうれし涙と言うよりも苦しかったことを思い出してのものだったように思います。厳しいことばかりで「喜び方」を忘れてしまったのかもしれません。それくらいシビアなプロセスでした。

何か実感がないと言っていましたが、きっとこれから筑波大学医学群・医学類を味わっていくのでしょう。

ようやくこれで彼女の努力に価するものが与えられたと思います。

やはり、この世の中、血の滲むような努力が報いられるものでなければ、いけないですね。そして本当に望みつづければ報いられるのですね。

本当に良かったです。

おめでとうございました。これで今年の私の仕事は締めくくりを迎えることができました。ありがとうございました。

                                                                                  
     *****

筑波大学・医学群(医学類)前期日程 の合格が3月29日付け(2010年)で出た。

合格通知書のコピーをもらった。教室に張りだした。

京都大学工学部や名古屋大学医学部、岐阜大学医学部の合格者の氏名も張りだしてあるけれど、ごめん、滝野瀨の発案もあって彼女の名前と合格通知書を一番てっぺんに張り出させてもらった。

みんなの受験に投入した努力と格闘が軽いものだと言うつもりはないよ。結果のいかんに関わらず、大学のランクにかかわらず、そこには一人ひとり、とても重いものが含まれている。みんな自分の壁と格闘していた。それはよくよく分かっているつもりです。

でもね、それでもなお彼女の合格通知は私にとってもっとも重いもものだったから。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

052-222-3886